スポンサーサイト

    --年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    金持ち父さん貧乏父さん

    2010年08月07日 00:01



    初めて書評を書きます。つたない文章ですがご了承下さい。

    結論から言うとこの本ズバリ「金の使い方」の本です。

    アマゾンランキングでも常に上位ですし、日本でもロングセラーとして幅広く読まれている書籍で、
    著者は日系アメリカ人のロバートキヨサキ氏です。

    ぶっちゃけますとお金のインテリジェンスがある人は、あえて読む必要は無い本だと思います。
    また、「今更この歳になって、金の使い方をとやかくいわれたくねーF●ck!!」という人も読んで得れるものはすくないかもしれません。
    それでも、この本を読んで権利収入を得たいと思うきっかけにはなるかもしれません。

    さて、なぜこの本が長く多くの日本人に読まれているのでしょうか?
    あなたは考えた事がありますか?

    一つの要因として欧米に比べて、多くの学校、家庭でお金の使い方の教育
    すなわちお金の経済リテラシーが不足している事があげられます。
    おそらく文化や価値観の違いもあると思います。

    いずれにしてもお金を上手に使いたい方にとってはいいきっかけになる本かもしれませんね。

    ↓ランキングに登録しています。少しでも気付きが得られましたらポチっとお願いします。↓
    人気ブログランキングへblogram投票ボタン

    インセプション

    2010年08月03日 20:22



    この間友達と4人でインセプション見に行ってきますた。

    4人中僕だけ内容を、理解出来てませんでした。
    おもろかったから内容わからなくても見る価値あります。笑

    シャッターアイランドもそうだったんですが、ディカプリオが渋くなっててカッコいい演技してるんでおすすめですよ。

    平成の若き志士たち

    2010年07月31日 20:26

    幕末の志士たちと聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろうか?
    私にとって幕末の志士たちとは、次の一枚の写真を思い浮かべる。
    bakumatsu.jpg

    彼らはそれぞれに、自分たちが求める理想と過酷な現実の狭間で決起し、
    自らの未来を切り開き、勝ち取った。
    今日の日本、すなわち国体を作り上げた先駆者たちである。

    そんな幕末の志士たちに通じる、私の周りの平成の志士たちをあなたに紹介したい。
    コレを見てほしい。
    20100730004253.jpg

    私のプロフィール欄にもある、イラストのステッカーだ。
    これは、友人のTちゃんDさんが私のために作ってくれたものだ。
    彼らはいとも簡単にこういうのを作り上げてしまう。
    私から見れば才能に溢れた天才だ。
    こういうものを作っているときの彼らは、すごくいきいきしている。
    TちゃんDさんもそれぞれに武器を持った平成の志士たちだ。
    そして忘れてはならないのが他でもない私のメンターでもあり友人のT君だ。
    一身独立して一国独立を体現し、決して大きいとは言えないが
    過酷な現実の渦中で独立した船の舵を取り、私たちをまとめている経営者のT君だ。
    彼もまた先見の明と決断力を兼ね備え、人を惹き付ける魅力と才能に満ち溢れている。

    そして彼らもまた、とどのつまり先駆者たちである。
    彼らには本当に感謝してもしきれないくらいお世話になっている。
    この場を借りて言わせて下さい。
    「いつもいつもありがとう」

    人は一人では生きていけないとT君が言った。
    何の変哲もない一本の糸に何が出来る?何もできないかもしれない。
    だけどもう一本糸があれば糸を紡いで布を作る事ができるかもしれない。
    やがて、その布は丈夫な帆となり大きな世界に繰り出すための原動力になるかもしれない。
    fune02.jpg

    そんな彼らが力を合わせ、理想と現実の狭間で戦い、共通の目標に今立ち向かっている。
    そんな彼らが成功しないわけがない。

    さて、私はなぜこのブログを書いているのか?
    自己満足のため?
    自己顕示欲のため?
    己の私利私欲のため?
    いや違う。
    私はこのブログを見ているあなた、私の友であり大切な仲間。
    彼らのために第3の目となり耳となり情報を集め、少しでも気付きが得られれば
    と思いこのブログを書いている。
    今の私にできることはこれくらいしかできないかもしれない。

    しかし、この道は一度しか通らない道だから、彼らのために役に立つことためになることは
    今すぐやろう。
    先へ延ばしたり、忘れたりしないように、この道は二度と通らない道だから。


    ↓ランキングに登録しています。少しでも気付きが得られましたらポチっとお願いします。↓
    人気ブログランキングへblogram投票ボタン

    ダレルロイヤルの名言

    2010年07月30日 10:47

    511px-Album_Four_225.jpg

    アメフトの名コーチでダレルロイヤルという人物がいます。
    私は落ち込んだ時や、心が折れそうになった時、
    何回もこの名言を思い出し胸に刻みたいと思いました。

    今回はその名コーチの名言をあなたにも伝えたいと思います。


    親愛なるロングホーン諸君

    打ち負かされる事自体は、何も恥じるべき事ではない。打ち負かされたまま、立ち上がろうとせずにいる事が恥ずぺき事なのである。ここに、人生で数多くの敗北を経験しながらも、その敗北から、はいあがる勇気を持ち続けた、偉大な男の歴史を紹介しよう。

    1832年 失業

    1832年 州議選に落選

    1833年 事業倒産

    1834年 州議会議員に当選

    1835年 婚約者死亡

    1836年 神経衰弱罹病

    1838年 州議会議長落選

    1845年 下院議員指名投票で敗北

    1846年 下院議員当選

    1848年 下院議員再選ならず

    1849年 国土庁調査官を拒否される

    1854年 上院議員落選

    1856年 副大統領指名投票で敗北

    1858年 上院議員、再度落選
    4f355bc7444f43cfe72153f401e9f472.jpg

    そして1860年、エイブラハム・リンカーンは米国大統領に選出された。

    諸君も三軍でシーズンをむかえ、六軍に落ちる事があるかもしれない。一軍で始まり、四軍となるかもしれない。諸君が常に自問自答すべき事は、打ちのめされた後、自分は何をしようとしているのか、という事である。不平を言って情けなく思うだけか、それとも闘志を燃やし再び立ち向かっていくのか、ということである。今秋、競技場でプレーする諸君の誰もが、必ず一度や二度の屈辱を味わうだろう。今まで打ちのめされた事がない選手など、かつて存在したことはない。ただし、一流選手はあらゆる努力を払い、速やかに立ち上がろうと努める。並の選手は立ち上がるのが少しばかり遅い。そして敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである。

    彼は名コーチであるとともに数々の名言を残しています。

    (参考)
    打ち負かされる事自体は、何も恥じるべき事ではない
    美しき狼達

    ↓ランキングに登録しています。少しでも気付きが得られましたらポチっとお願いします。↓
    人気ブログランキングへblogram投票ボタン

    一点突破全面展開/ランチェスターの法則

    2010年07月30日 10:09

    敵を知り己を知れば百戦危うからず

    chinaabc-sunwu-0110-top002.jpg
    有名な孫子の兵法の一文です。


    私は今まで数々の失敗や挫折を繰り返しては、家族、友達、色々な人達に迷惑をかけてきた。
    それは己を知らず、夢を抱いては挑戦し途中で投げ出し、諦めてきたからだ。

    正に因果応報だ。

    まず、自分さえもわからない者に戦略も糞も無い。
    己を知る、そして他者を知る、その上で戦略を立てる。
    その努力は今後一生続けて行こうと思う。

    むしろ人生の訓示にしたい。

    この孫子の兵法の意味する分別がつくかどうかで、
    明晰な者と馬鹿者とのターニングポイントだと私は信じている。


    ところで一点突破全面展開という言葉を知っていますか?

    これも孫子の兵法からです。

    「一点突破、全面展開」とは
    帝国主義のどこか一箇所を集中的につつけば、
    革命が全面的に展開されるという意味です。

    わかりやすく言うとどれか一点に集中し、そこに全精力を注ぐ事で
    オセロのように多方面にその効果が波及するという意味だ。


    学も無い
    職も無い
    コネも無い
    金も無いと来てます。

    ナイナイづくしのオンパレード。笑

    しかし、そんな私にも希望があり夢がある。
    応援してくれている数少ない友人、こんな私を見捨てずにサポートしてくれる家族。

    そんな私がこれからの人生を打開しお世話になった方々に、
    恩返しをしていくためにもやはり戦略が必要不可欠なのです。

    そこでこの孫子の兵法に目を付けました。


    自分には何が出来るのか?

    何が出来なくて何が得意なのか?

    他者から何を必要とされているのか?

    自問自答の日々。


    私のメンターでもあり大切な友人T君が教えてくれたことがある。

    ランチェスターの法則である。

    lanchester.jpg

    フレデリック・ランチェスターにより考案された軍事作戦における方程式の一種だが、
    正に私のような弱者にとっては救いの神である。

    これには弱者戦略というものがある。

    マーケティング戦略においては、一つの特殊な分野に特化することで、そこまで手を回す余裕のない大企業の隙(ニッチ市場)を突いてのし上がれる。一般化して述べれば、弱者のとるべき戦略は差別化戦略で、敵より性能のよい武器を持ち、狭い戦場で、一対一で戦い、接近戦を行い、力を一点に集中させることである。(引用)


    まだ明確な答えは見つかっていない、それでも止まらずに前進して行きたい。

    目の前の事に集中し、自分の事を信じてくれている人を信じ、
    鈍器である武器を鋭利な刃物に砥ぎすませ、諦めずに一点突破すればその答えが見えてくる事を信じて。

    (参考)
    新訂 孫子 (岩波文庫)
    三国志で学ぶランチェスターの法則
    小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略
    ランチェスター戦略 (ビジネスCOMIC)
    小さな会社こそがNO.1になる ランチェスター経営戦略 (アスカビジネス)

    ↓ランキングに登録しています。少しでも気付きが得られましたらポチっとお願いします。↓
    人気ブログランキングへblogram投票ボタン



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。